So-net無料ブログ作成

☆盛り上がったロンドンオリンピック☆ [本部役員のつぶやき]

こんばんは。
副委員長の矢沢典子です。

7月28日から8月13日(日本時間)まで、ロンドンオリンピックが開催されました。
朝4時からの開会式、リアルタイムで見ました!眠い目をこすりながら見た人もいらっっしゃると思います。

今回のオリンピック、みなさんは何の競技に注目していましたか?

拓大からは7選手(みなさんOBです)も出場することになっていたので、とても楽しみにしていました。
参加された選手の結果等は、拓大のHPで見ることが出来ます。
http://www.takushoku-u.ac.jp/newspotal/sports/others/120813london-olympic.html

そして…
8月12日には、日本のメダル38個の期待がかかっていたレスリング・マラソンに出場する3選手の応援するために、文京キャンパスに行ってきました!
文連本部からは、私と情宣の松野が参加してきました☆

ちなみに…
テレビの取材が入ってることは知っていましたが、まさかあの有名な番組だったとは…ビックリでした。

私が会場に到着したときには、すでにレスリングの予選が始まっていて、盛り上がっていました。
その予選が終わり米満選手の決勝進出が決まった直後、マラソンのスタート。
中本選手・藤原選手の応援。
中継で大きく映ると、みんなでスティックを叩いて応援。
最初は声出てなかったけど、陸上部の声掛けで叩くスティックの音も大きくなりました。
終盤で中本選手の追い上げに驚き、6位入賞が決まった瞬間、拍手が止まりませんでした。

マラソンが終わると、陸上部は門限の関係で帰ってしまいましたが、レスリング部のみなさん、外部から応援に来てくださったみなさんも前の方に移動して、レスリングの決勝戦を応援しました。
ルールがよく分からない私ですが、西口先生(レスリング部の顧問)がいらししたので、その先生のパワーのこもった解説を聞きながらの観戦でした。
それでもルールはよく分からなかった私ですが、米満選手が相手を持ち上げた瞬間、「おぉー!」と声を上げてしまいました(笑)
金メダルまで残り10秒切ったところで、会場全体ででカウントダウン。
気持ちの焦りで少し早めのカウントダウンでしたが、金メダルが決まった瞬間の、あの会場の盛り上がり、西口先生のガッツポーズ、最高に気持ちよかったです!


4年に1度の大舞台。
しかも私にとって大学最後の年に、拓大を卒業された先輩たちが7選手も活躍されたということ。
本当に誇りに思います。

日本に夢を与えてくれた日本選手団のみなさんに感謝したいですね。
明日は、メダリストが銀座をパレードするみたいですね。(行けないのが残念ですが…)

もっともっと文連も頑張っていこうと思いました。

以上です。


副委員長兼八王子支部長・矢沢典子でした。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。